星空

  • 2010/01/14(木) 21:31:44

昨日と今日は兵庫県北部と京都府北部は「大雪」となっており、特に日本海沿岸はかなりの積雪量となっているらしいのですが、私の住んでるところは北部は北部だけど日本海には少し遠い中途半端な位置にあるためものすごく冷え込んで気温は確かに低いんだけど雪が積もるほど降る事はなく・・・・というかどちらかというといい天気でして・・・・。

これだけ気温が低いと空気が澄んでいるので遠くの景色もきれいに見えるし星も明るくくっきり見える。

っで、前置きはなが〜くなりましたが、このくっそ寒い中、三脚にカメラ付けて星の撮影をしました。

やはり冬といったらこの星座。


「オリオン座」です。



K100D Super + DA 18-55mmF3.5-5.6AL


露出時間が85秒となんだか分からないけど長くもなく短くもなくとこれまた中途半端なことになってしまったので、オリオン座が「ぶれた」ようになってますけど、「ぶれ」ではなく85秒間の「軌跡」です。一応、念のために・・・・・。

10〜20秒くらいの露出を連続で何十枚か撮って、あとで合成してきれいな写真を作ろうかとも思いましたがそれはそれで大変だろうし、何しろめちゃくちゃ寒いので無理!(笑)
これ1枚で終〜〜〜〜了〜〜〜〜!!


ちなみに・・・・


以前、長女のみゆに「冬の大三角」を教えてもらったのですが(小学4年生で星の勉強をするんですね)、私、完全に忘れてしまいました。

オリオン座のベテルギウスだけは知ってるんだけど・・・・・。


もう、みゆも忘れてたりして!?

Moon

  • 2009/08/24(月) 21:00:13

特に今日、何かある訳ではないけど、月が綺麗に見えたので写真撮った。




K100D Super + FA-J75-300mmF4.5-5.8AL


2009年8月24日 午後7時11分 自宅から撮影

  • 2009/06/18(木) 14:30:07

ホタルが美しく神秘的に光を放ちながら飛び回り始めて、もう一週間以上経って・・・

やっと!

昨日の夜、撮影に行きました。(ほんとについになので嬉しくて!)



何はともあれ写真はこれら。



K100D Super + 24-135mmF2.8-4.5



K100D Super + 24-135mmF2.8-4.5



K100D Super + 24-135mmF2.8-4.5



場所はひみつ!!
うちの家から2kmほど、俺の実家から歩いてすぐ。ホタルはうちも実家も家の回りを飛んでますが、撮影はやはり大量にいる川へ行かないと。

これらの写真は合成なしの、長時間露光の一枚ものです。
去年と違いホタルが多かったのと何より明るいレンズのお陰でいいのが撮れたと思います。

これらの写真は5秒〜12秒くらいの露光時間。
それで合成なしでこの数!橋の上から撮ってて写真なのでもちろん一部だから、実際にはもっともっと広範囲に後ろにも光りまくってます。
毎年毎年見てますが、確実に年々ホタルの数は増えてるので嬉しくなります。

薄暗い時に風景(背景)を撮っておいて、同じ位置から夜になってからホタルの光だけを数枚撮って合成するというのも、よくある手法でやってみたいのですが時間がなかなかなくてねぇ〜。
今時の高感度&ノイズ軽減技術の優れたカメラだったらもっと綺麗に撮れるでしょうね。あと50mmF1.4あたりの大口径単焦点レンズなんかがある時なんかは、そりゃぁ〜、もう!・・・・・・・・・・・いいなぁ〜


いやいや、去年から比べると格段に良くなったんだから良しとせねば!



それと1つだけ言わせて下さい。

遠くから車で見に来られてる方も(おそらくね)毎晩おられます。それは大いに結構なのですが、虫取り網と虫かご持って来られてる親子連れもたまに見かけます。

持って帰るのだけはやめて下さい!

捕まえてじっくり見るのはいいですが、その場で放してやってくださいね。どうせ長生き出来ないんだし、折角これだけ増えてきたんだから。1人1匹だけでも、何十人、何百人がやればいなくなっちゃいます。
大人が守らなきゃダメですよ。

日本中どこででもこの季節にホタルが見れるようになればいいでしょ!!

K-7

  • 2009/06/12(金) 12:52:16

ペンタックスから今月末に発売予定の新製品・・・・


デジタル一眼レフカメラ

K-7


こういうデジタル一眼を待ってた人多いんじゃないかなと。
いいカメラだと思うので要チェック!!














まず、「何が本当に良いのか?」というところだけど、
高性能と小型・軽量化の両立。

この矛盾する難題をクリアさせたペンタックス。

ここ最近の一眼は小型・軽量モデルっていうのは各メーカーさん作ってるので「今さら」なんだけど、スペックを見るとどうしても「エントリーモデル」ばかり。
価格や重量、大きさを削ろうとすると、ボディは樹脂になるし、ファインダーはミラータイプにせざるを得ない。
そこを、カメラ作りに真面目な(もちろん他メーカーも真面目ですよ)、質実剛健的なカメラを作り続けてるペンタックスはついに成し遂げた。

しかも、開発スタッフのちょっとカッコいい一言がある。

「リミテッドレンズの似合うボディ」

である。

この言葉が全てのような気がした。グッとくる一言ですよね。
ペンタックスにしか言えない、やる気さが伝わってくる。


で、この写真でも少しは分かるだろうけど、今の一眼レフカメラに多いいわゆる「なで肩ボディ」ではなく、直線基調のカチッとした外観。見た目だけの事だが、これはかなりカッコいいと思う。でも、見た目って大事だからね。少なくとも私にとっては!!

スペックに関して事細かく書かないけど、

・視野率100%のガラスペンタプリズムのファインダー
・防塵防滴構造のマグネシウム合金製ボディ
・5.2コマ/秒の高速連写と1/8000秒の高速シャッター

などなど。(今流行のHD動画撮影やライブビュー機能ももちろん装備)
なのにコンパクトだから、リミテッドレンズが似合う。
この装備で小型・軽量の一眼にはなかった(出来なかった)。

ペンタックスのK20Dよりも小さく軽いカメラなんだけど、ペンタックスKシリーズの最上位モデル!!


はっきり言って、こういうカメラが欲しい!!


お金さえ出せば、高性能なカメラはいくらでも買える。
小さく軽いカメラもたくさんある。


しかし、こんな一眼はなかった。
さすがはペンタックスとしか言えない。

「リミテッドレンズが似合うボディ」
まさにその通り。
これだけ高性能なカメラだから、どんな撮影でもこなすのは当たり前だろうけど、リミテッドレンズ付けてこのカメラ片手にぶらぶらっていうのは贅沢でカッコいいなぁ。(かなり金銭的に余裕がないと無理だけど・・・)


発売はまだ少し先だけど、早く本物を手にしてみたい。
新製品ってファインダーを覗く瞬間がたまらない。ただ、店頭に置いてあるものはほとんど全てがキットレンズだから「リミテッドレンズの似合うボディ」は体感できないでしょうね。


私は当面は今持ってるK100D Superを使い続けますけど、発売されて雑誌等でのレビューを読んで「ええなぁ〜!」「欲しいなぁ〜!」とニヤニヤするんでしょうね・・・・。どう考えても買えないから。


このカメラは間違いなく名機となるでしょう。

カメラレンズ

  • 2009/04/23(木) 15:25:20

おぉ〜、久しぶりのブログ更新だ!(威張って言う事じゃないけど・・・)

何か分からんけど色々と忙しくて、更新を「また明日、また明日・・・」と思ってるうちにこんなに日が過ぎてしまってた。

っま、そういう事は置いといて!


新しく、カメラのレンズを買っちゃったのでUP。

そのレンズとは・・・・


前々から憧れてた「大口径レンズ」だ!!
そして初めての純正以外のレンズ。


SIGMA 24-135mmF2.8-4.5

K100D Super + DA 18-55mmF3.5-5.6AL

PENTAX DA18-55F3.5-5.6AL(大きさ比較のため)

K100D Super + SIGMA 24-135mmF2.8-4.5



上の写真が新しく買ったレンズ。
24mmから135mmの標準ズームレンズなんだけど、開放F値は2.8!という明るさ。
いわゆる大口径標準ズームです。下の普通のキットレンズと大きさ比べるとよ〜く分かる通り、これだけ大きいんです。まぁ、それだけ重くもなりますが・・・。

この2枚の写真はそれぞれのレンズで撮影したのですが、(被写体と撮影レンズがそれぞれあべこべになるのでややこしいかもですが)どちらも焦点距離はおなじ33mmです。



             24-135mmF2.8-4.5      18-55mmF3.5-5.6

絞り           F3.5             F4.0
シャッタースピード    1/100秒           1/80秒
ISO            400             800


という違いになりました。
絞りが一段開けられるだけでこんなに違うんですね。ただ同じ感度で撮影すればもっと分かりやすかったと思いますが、800から400に感度が下がってもシャッタースピードが速くなるとは!大口径恐るべし!!
ワイド側が24mmとデジタル一眼としては足りない感じですが、私の場合テレ側の方が欲しいので普段はこれくらいの方が助かるんです。35mm換算だと36mm〜202mmだからちょうどいい。
そしてなによりF2.8の明るさなので、室内では威力を発揮するはずです。

写りに関してはこれから色々と撮影してみなければ分からないですが、デジタル専用ではない所が少し気になります。フレア、ゴーストがね。

でも、35mm用で超音波モーター内蔵じゃなくても、手ぶれ補正内蔵じゃなくても、むか〜しのレンズでもほとんどのレンズが今の最新デジタル一眼カメラで使えるっていう「ペンタックスの懐の深さ」に感激してしまいますね!
オートフォーカスも結構早いですし、手ぶれ補正もボディ内蔵なので有効だし。やはりこのカメラにして良かったといまだに思います。(自己満足でもありますが・・・)

写りや使い勝手によってはこのレンズが「付けっぱ」になるかもという期待を込めて、色んな物を撮影してみたいと思ってます。

    人気blogランキングへ