伝説の1台!!

  • 2010/06/11(金) 13:28:24

本屋さんに注文していた「あるもの」がやっと入荷し手に入りました!



それはっ・・・・


これ!DVDブック



何の本?DVD?かというと、スーパーカーの月刊誌「ROSSO」のDVDマガジンです。

今回が創刊号でその特集がなんと!!


Ferrari F40 Competizione 




このマシン、きっちりと説明しなくてはならない特別な1台なのだが本当にきっちり説明すると何日かかるか分からない・・・・・・
もっと言うと何年かかっても説明しきれない分からない部分もある・・・・・

そんな1台なんです。

歴代の市販フェラーリの中でも特別なクルマで、40周年を記念して作られたエンツォ最後の遺作となった限定モデルであり世界中のフェラリスタが崇める永遠のカリスマ「F40」。

そのただでさえ特別なフェラーリF40の中でもレース参戦目的に製作された「F40LM」や発展型の「F40GT」「F40GTE」はル・マンや世界各地で行われていたGT選手権に長年にわたり出場していたので、テレビや雑誌なので取り上げられて有名だし、実際に私たちの記憶にも残っている。


だが!


この「コンペティツオーネ」、いったいどれだけの人がどこまでちゃんと知ってるか?と言うと意外とほとんどの人がなんとなくしか知らない!のである。


何を隠そう(別に隠してないし、自慢するわけじゃないけど)、F40が大好き私も詳しく知らなかったのである(笑)

ただ、F40コンペティツオーネというマシンが10数台存在してるっていうのはもちろん知ってますよ。今から約19年前に製作された当時、私は高校生でしたが登場したときのことリアルタイムで覚えてます。


では、この特別なマシンのことがなぜ今まで世間にあまり知られることなく「謎に包まれた伝説のマシン」となったか?


それは、当時ル・マンなどにフェラーリで参戦していた「フェラーリ・フランス」チームが、とある新たに計画されていたレースカテゴリーに参戦するためにフェラーリ本社に依頼してミケロット社とともにF40をベースにそのレギュレーションにあったレーシングマシンとして「F40LM」を作り上げたのだが、その新レースカテゴリーに参戦するチームがフェラーリ・フランス以外に現れることがなく!?そのカテゴリーが中止となったのである。

その後このマシンはIMSAシリーズに参戦し結果を残したものの、資金難等の問題で参戦はなくなった。

そこで「F40LM」はもう終わり。
F40LMの記念碑的モデルとして、フェラーリ社が決めた一流コレクターのためだけに公式レースに参戦しないサーキット専用車として「F40コンペティツオーネ」をミケロット社と10台のみ製作した。

1991年東京モーターショーでデビューしたF40コンペティツオーネ、日本にはコーンズを介してあの「松田コレクション」に1台のみ割り当てられた。

その後、あまりにも熱心な顧客のリクエストが世界中からあり、5台+αが追加製作された。

しかし当時はコレクターズマシンと言うことで東京モーターショー以後あまり取りざたされることはなかった。
ただ「あまりなかった」と言うことは一応「あった」ということでもある。

それは、当時の「カーグラフィックTV」でこのコンペティツオーネは田辺氏のドライブによってサーキットを走った。
ただし5速ノンシンクロの780PSのモンスターマシンを全開走行出来るはずもなく、軽〜く、本当に街乗り程度に軽〜〜く流した程度だったが、それを私はビデオに撮って何度も見たのを覚えている。

それ以外はテレビも雑誌でもほとんど見かける機会はなく、おそらく16台製作されたであろう(このあたりもはっきりしていない謎である)「F40コンペティツオーネ」はどれほどの実力を持ったマシンなのかもテストされることなくあくまでコレクターズアイテムとして闇に眠ったまま、色んな謎のままとなってしまっていた。
また途中で名前が「F40コンペティツオーネ」から「F40LMカスタマーズ・バージョン」と変わったりもした。もう、とっくに生産が終了している自動車メーカーが作った正規のクルマの名前が変わるって事ほかにありますか?聞いたことないですよね。
その辺も「謎」に拍車をかけることになっていたのかも知れません。

最初10台だったうちの1台が日本に割り当てられたのだが、後の追加製作された5台+αのうちの1台が日本にやってきた。
それがこの写真のマシン、そのもの。
しかもこのマシンはF40コンペティツオーネ最後の1台で、シャシーナンバーも「99401」というもっとも若い番号で有名な1台。長い間日本のあるところに眠っていたのだが、去年発掘されたという、またもや「謎」なマシンなのだ。しかも眠っていたと言うこともあり新車に近いコンディションで貴重なものだ。

それがオーナーの要望で一般道の走行を念頭においているということで足廻りを中心に整備され、今回この企画ですべてが明らかにされることになったのだ。

とにかく長〜くなってしまったが、そんな経歴のあるこのマシンを富士スピードウェイでプロ・レーシングドライバーである桧井保孝による全開インプレッションを収めたDVDがこれなんです。





今年の3月に最高の天候の中で収録された模様。





車内にカメラが数台設置され、桧井選手のハンドルさばき・アクセルブレーキワーク等、全開映像が一周丸まる見れます!





雑誌だけなら全く分からない、マシンの挙動や音が鳥肌ものです。
もちろん大音量で全開アタックを官能しました。


このDVDはフェラリストだけじゃなく、スーパーカーファンだれもが知りたかった・見たかった映像だと思います。世界的にもほかにないと思います。


19年が経った今、解き放たれた780PS。
異常なまでに強烈な恐ろしいほどのオーラをまとうF40コンペティツオーネ。
「最凶」と言われるゆえんが分かった気がした。


益々、引き込まれて行きます・・・・・・。

I LOVE ROTARY!

  • 2010/06/09(水) 20:40:49

こんなものをもらいました。



ROTARY KEY CHAIN














もう、とやかく説明はいらないでしょう!

マツダが世界に誇るロータリーエンジンをモチーフにしたキーホルダーです。


どこでどうやったら手に入るのかは全く知りませんが、私が長い間(16年以上)RX−7を所有し続け、大のロータリーフリークということである方からいただきました。

このようなものがあるのを知らなかったので、ものすごく嬉しかったです。

さすがに私の愛車RX−7(FC3S)の鍵にこれをつけることはもったいなくて出来ませんので、大事に飾ることになるでしょう。


世の中のロータリー使い達はみんな欲しいでしょう、これ!!

RX−8はもちろん、今はだいぶ見かけなくなった歴代RX−7に何気にこれがぶらさがってたらカッコいいですね。
RX−3とかコスモスポーツ、ファミリアロータリークーペなんかについてたら鳥肌ものです。
オーナーの方々、ぜひお願いします!!

パンダ

  • 2010/06/08(火) 21:36:28

今日は仕事中に突然こんなクルマが入庫してきた。


 FIAT PANDA 



うちの会社には珍しいイタリア車。
う〜ん、私の知ってる限り(もう勤めて13年になるが・・・・)パンダの入庫は初めてだ。

1988年式のセレクタ 左ハンドル




入庫の理由はいたって分かりやすい。



エンジンがかからず!!




っていうことで取引先のとある業者さんが積載車で持って来られました。


※ここの業者さんですが、こんな感じでちょくちょく色んな外車を突然持ってくるんです。


今回の場合「イタ車」なのでもちろん私の出番。会社の人たちもみんな分かってます。ヨーロッパ系はもちろん、イタ車ならヤツに任せとけ!ってな具合で(笑)

中々こんなサプライズはありません!これ以上楽しい仕事がほかにありますか!?っていうくらいウキウキ・ワクワクですよ。
私がイタ車を見るなんてただの趣味ですよ。それにまだお金(給料)もらえるんですから・・・・・考えただけで顔がニヤつきます。

でも、それも一瞬で終わりましたが・・・・・残念。




どうして一瞬で残念?かというと・・・・




この型のパンダで、エンジン始動不良といえば・・・・・

燃料ポンプかそのリレーの故障っていうのが定番。クルマを実際に見る前から大体想像はついてしまう。


が、



まぁ、何はともあれセルを回してみる。

キュルキュルキュルキュル・・・・・・


セルは元気よく回るが初爆は全くなし。


次は耳を澄まして、キーONで燃料ポンプの作動音を聞いて見る。


「ガチャッ」(キーを一段ひねって、ONにする音)

「し〜〜〜〜〜ん」(何の音もしない・・・・)



ほら!


燃料ポンプかリレーだな。


燃料ポンプのコネクターを外して、テスターで通電してるかチェックしてみるが完全に電気が来ていないわけではないが明らかに弱い。

(パンダはリヤシート上げるとすぐに燃料タンクのポンプ(インタンク式)にアクセスできるので、先にこちらを見た)

リレーが焼けてるっていうやつだな。

もうこの時点で故障原因は判明。ほぼ仕事も終了である。



このパンダの場合、燃料ポンプのリレーの隣にインジェクションのリレーがついているので・・・・・

エンジンルーム内、バッテリー手前の黒い箱



この黒い箱を開けると・・・・


リレーとヒューズがあります



この二つのリレーは全く同じものでそれぞれを入れ替えて見る。
ちなみにこの写真を見て右側が燃料ポンプリレー



キーONにすると・・・・


「ウィーーーーン」(燃料ポンプ作動音が約5秒ほど聞こえる)


セルを回すと・・・・

「キュルキュルキュルッッッブルウォンッ!!」


はい。エンジンかかりました!


ま、実際ここまで5分か10分ほどです。


楽しんでいる暇もなく一瞬で「仕事」は終わりました




リレーの価格を調べて見積もりして連絡し交換となりましたが・・・・

部品の入荷が2〜3日かかるらしく預かりとなりました。



定番中の定番だったので本当に一瞬のうちに分かってしまいましたが、パンダ自体はうちの工場では初めての入庫なのに、なんでそんなに慣れた感じですぐに直ったの?ってな感じでみんなに見られました。


イタリア車大好きな私だからで〜す!!

っと言いたいところですね。



一応、この状態で試運転に行きましたが大丈夫でした。

しかし、パンダ セレクタ(ECVTなのですがスバルのものです)の左ハンドル初めて乗りましたが十分楽しいですね。M/Tじゃなくても良いです。

やっぱりいい車です。この型のパンダ。
本気で乗りたい、乗ろうかなって思ってた時期ありましたけど・・・・・

やっぱり乗りたい!!


こんなに底なしに楽しいクルマそうそうないでしょ!!

ジウジアーロデザインのイタリア大衆車の傑作ですよ。やはり一度は乗っておいたら良かったと改めて思いました。

でも、大衆車がこれほど楽しいクルマっていったいどんな国だ!って思いますがそんなところがまさしくイタリアなんですよね。やはりラテン系、最高!!


今からでも乗ろうと思えば乗れるかもしれませんが・・・・・


先月、クルマ買ったことですよ〜〜〜〜!(笑)


クルマ買い換える前なら気が変わってたかもしれないですね。冗談抜きで!?



こんな感じでもっともっとイタ車サプライズ起こらないかなぁ!


ある日突然、ムルシエラゴLP670−4SVが入庫してくるとか・・・・

ある日突然、599GTOが入庫してくるとか・・・・




夢でもなさそうだな・・・・・・。

カスタムをカスタム!?

  • 2010/06/04(金) 21:37:43

約1ヵ月経った「ムーヴコンテ カスタム」ですが、いたって快調で快適そのもで何の不満もなかったのですが・・・・・


ちょっとした裏技を!?



それは・・・・・



ワイパーのスイッチなのですが、


これが純正、元々のワイパースイッチ




このワイパースイッチを少しアップグレードしちゃおうと!!


先にどうなったかお見せしましょう。



こうなりました!!




何がアップグレードしたか分かりました?


よ〜く見ると何かがついてますね。



そうです。間欠ワイパー作動時の「時間調整」が出来るようになりました。

これって軽自動車にはついてないんですよ。
なくてもいいって言えばいいのですが、あると便利な装備ですから。


っで、どのようにしたかというと・・・・


いたって簡単!

他車種の部品を移植。


その車種とは、


トヨタのヴィッツ、ファンカーゴ、bB、イスト・・・・・・もっともっとありますが、

これらの上位車種についてる純正ワイパースイッチがダイハツのムーヴやコンテ、タントなどなどのほとんどのクルマに何の加工もしないで、いわゆる「ポン付け」で交換するだけで間欠の時間が4段階で調整が可能なマシンとなるのです。


しかも、私のコンテではハンドルすら外さずにコラムカバーのねじ3本外すだけで交換出来ました!!
たったプラスドライバー1本だけでわずか数分で作業終了!


これはかなり価値あります。


なければないで何とも思わないのですが、元々時間調整がついてるクルマに乗ってた人はあったらいいなぁと思うハズで、私の場合、FCやファンカーゴについてますし、前に乗ってたミラにもついていたので、ついてないクルマに乗ると欲しくなるもんなんです。


それに、レバーの質やデザインも字体なども全く同じなので「改造!!」って感じは全然なく、めちゃめちゃ自然。というより純正そのものです。はっきり言って最初からこれ付けといてくれよ!ってな気がします。


ライティングスイッチがこれ



ね! 全く同じデザインでしょ!!違和感ないでしょ!!


っと言うわけでたまたま私のもう一台のマシン、ファンカーゴと同じだったので試して見た結果バッチリで、ファンカーゴの部品として発注しました

ちなみに部品の定価は¥6,405円です。


まぁ、これを高いととるか安いととるかは人それぞれでしょうが、ダイハツ車に乗ってる方やトヨタ車でもこの装備が付いてないクルマで「欲しい!」と思う人は一度ご検討されてはいかがですか?

もちろん、可能な車種かどうかやトラブルなんかに関しては私は一切責任持てませんので自己責任でお願いしますね。


きちんと調べたり試したりはしてませんけど、スズキのワゴンRなんかも同じスイッチ使ってる車種があるので、このアップグレードは可能だと思いますよ!


私の場合、この部品を定価での購入はしていないという事もありますが、大変満足しております!

ドライバーにしか分からない「快適装備」の追加ですが、そういうのが好きなんですよね。
もう外観から、いかにも「やってますっ!」「いじくってますっ!」っていうのは好きじゃなくて・・・・・。
よほどクルマに詳しい人が見なければ分からないとか、まず誰にも見えない部分を良くしたりカッコよくしたりっていうのがいいんですよ。

実際、人のクルマなんてたいして見てないでしょ!?

っということは、だ〜れも自分のクルマなんて見てくれてないってことなんですよ!そこの君!!


なんちゃって、そんな事はおかまいなく、みなさんそれぞれの思いでクルマを楽しんでくださいね!

ETC

  • 2010/05/13(木) 18:01:09

私のニュー通勤快速「コンテ カスタム」にやっとETC取り付けをしました。

以前のマシン「ミラ」に付けていたものをセットアップし直してはいたのですが取り付ける時がなかなかなくて・・・・。今日やっと取り付けることが出来ました。


取り付けた場所は、何の迷いもなく「純正取り付け位置」に!

センターコンソールのA/C操作パネルの下の・・・・



パカッと秘密のふたを開けたところです。



この隠し蓋?(っていうほどのものでもないけど)意外と気が付きません。




純正品もこの位置に取り付けるようになってますし、そもそも、この小さな小物入れ、使わない気がするのでちょうどいいです。

取り外し・取り付けはもちろん自分でしてるのでセットアップ料だけで済んでます。

まだ走行距離が400kmほどで慣らし中なので、高速道路を使うつもりはないのですけど、付けれるときに付けとかないとね。


このコンテカスタムのインプレッションも書きたいなぁとは思いますが、まだ多少緊張気味で運転してる感じなのでボチボチにします(笑)

良い所・悪い所など感じたことあれば書きますが・・・・不定期なのであしからず!

    人気blogランキングへ